結婚指輪を手作り出来るお店や工房が大阪にかなり増えてきました。

結婚指輪を手作りするメリットはリーズナブルに自分たちの好きなデザインの結婚指輪が作れるということです。

結婚指輪をはじめジュエリー製品の製造方法はWAXによる鋳造で仕上げるというのが主流のようですが、結婚指輪の手作りが出来るお店はWAXで手作り出来るお店と、昔ながらの金属を鍛造で作るお店とがあるようです。

鍛造とWAXではどのような違いがあるのでしょうか?それぞれの特徴を考えながらどちらが人気でお得なのか調べてみました。

鍛造製作とは

昔ながらのジュエリーの製作方法です。

金属を溶かして一塊にし、ハンマーなどで叩いて形を整形する金属の製造方法です。ジュエリーの製作でもゴールドやプラチナを溶かして塊にしてローラーなどで伸ばして棒状の金属棒にして、金属棒を丸めて溶接し指輪の形にしていきます。昔ながらの鍛冶屋さんのような製造方法です。ハンマーで叩き上げローラーで伸ばされた金属は組織が強固につながって、削り出しや鋳造よりも強度のある金属になります。

強度が求められる刀や包丁、ペンチなどは現在でもこの製法で作られることが多いようです。

ジュエリー製作で貴金属を溶かして塊にする作業は通常プロの職人が行いますが、この溶解作業が出来るお店があるようです。

大阪のクィーンズジュエリーというお店で、こちらではゴールドやプラチナの溶解から手作りが出来るようです。

詳しくは下記からお店のサイトをご覧ください。

クィーンズジュエリー

鍛造で手作りする結婚指輪とは

一般的な結婚指輪の手作りショップでは棒状になったプラチナなどが用意され、丸めるところから始めるようです。

指のサイズに合わせた金属棒を用意され丸めて指輪の形になるように整形します。

つなぎ目は溶接によってきれいにつながれて、磨くとつなぎ目はわからなくなるようです。

リング状になった金属棒をサイズ棒に入れてハンマーなどで叩いて真円にし、かつ指のサイズになるように伸ばします。

きれいな真円になったリングは表面をピカピカに磨いて製品に仕上げていきます。

プラチナやゴールドはこの研磨作業によって美しい光沢になり、人を魅了する輝きの美しい結婚指輪になります。

鍛造した結婚指輪のメリット

鍛造で結婚指輪を手作りした場合には以下のようなメリットがあります。

  • 強度のある指輪になる。
  • 金属を直接指輪に仕上げるので納期が早い。最短当日持ち帰り。
  • 本格的なジュエリー製作が体験できる。
  • フルオーダーに比べて価格が安い
  • 自分たちだけのオリジナル結婚指輪になる

強度があり納期が早いというのが鍛造した場合の一番メリットであるようです。

鍛造した結婚指輪のデメリット

やはり良いところばかりではなくデメリットもあります。

  • 溶接した箇所につなぎ目が出来る
  • 作業時間が長く難しい
  • シンプルなデザインしか作れない

WAX製作とは

WAXというロウのような素材で形にしたものを原型とし、鋳造によって金属にする方法です。

原型を鋳造する方法は、作った原型を埋没材というドロッとした石膏のようなものの中に埋めます。

石膏が乾いて固まればさらに電気炉で焼き固めます。

この時に原型はロウなので溶けて流れ出し、石膏の中に原型の形の空洞ができます。

この中が空洞になった石膏が鋳型と呼び、この空洞部分に溶解した金属を流し込むと原型の形と全く同じ金属が作れます。

削り出しや鍛造では作れない複雑な形状の金属製品を作る場合の製造方法です。

自動車のエンジンやホイール、水道の蛇口などが主に鋳造で作られています。

鋳型の製作は製造する金属製品によって作り方は様々で、ジュエリーの場合はWAXで原型を作り鋳型を作ります。

鋳造作業はお店や工房で行う作業で、お客さんはWAXで原型を作るところまでです。

WAXで手作りする結婚指輪とは

WAXを原型とした鋳造でジュエリーを作る方法は現在のジュエリー製品のスタンダードな製法になっています。昨今ではコンピュータCADによって原型の3Dデータが作られ、3Dプリンタによって原型を造形することが出来るようになりました。

このためお店に並んでいる既製品など大量に同じものを作る場合はCADで作られるようです。

結婚指輪の手作りをお客さんが行う場合は全て手作業でWAX原型を製作します。

指輪の原型を作る場合はチューブ状のWAXが用意されノコギリやヤスリを使って希望の形に削り出します。WAXには硬さによって色分けされており作りたい原型の精密さによって使い分けられます。初めて原型を作る場合は1番柔らかいブルーのWAXが扱いやすいようです。

WAXは簡単に削れる素材なので真っすぐな形や歪んだ形、その他いろいろな形を削り出して指輪の原型にすることが出来ます。

表面に模様を入れるなどデザインは無限に製作できます。

初めて作業する人でも1時間~2時間程度で完成するようです。

完成した原型はプロの職人が鋳造によってきれいな結婚指輪に仕上げてくれます。

ダイヤの埋め込みやつや消し加工などプロの職人によって自分で手作りしたとは思えないような仕上がりの結婚指輪になります。

WAX手作りした結婚指輪のメリット

WAXを使った場合の最大のメリットは自分の好きな形のデザインが簡単に作れるということです。

  • 自由な形の結婚指輪が作れる
  • 不器用な人でも作業が簡単
  • WAXは修正できるので失敗が無い
  • フルオーダーに比べて価格が安い
  • 自分たちだけのオリジナル結婚指輪になる

WAX手作りした結婚指輪のデメリット

  • 鍛造に比べて強度が劣る
  • 貴金属に完成するまで時間がかかる

初心者に適した結婚指輪の手作りはWAXがおすすめ

強度が劣る部分は素材をハードプラチナなどを使用して補っているお店もあるようです。

価格が安く、オリジナルが作れるという点では鍛造もWAXも共通しています。

このため完成までの納期がかかるという部分以外にWAX製作で目立ったデメリットは無く、納期に余裕をもってお店を予約すればWAXの方が自由度も高く初心者の方にはWAX製作が良いようです。

鍛造かWAXかどちらかの製作が出来るというお店が多いですが、WAXで手作り出来るお店の方が人気になっているようです。

これまでの説明でも鍛造かWAXかどちらの指輪作りが良いか迷っているという方は大阪梅田のジュエリークラフトMAKIをお勧めします。

このお店では鍛造とWAXのどちらでも手作りが可能で、当日来店した説明を聞いてからでもコース変更も大丈夫なようです。気になる方は以下のサイトからお店の詳細をご覧ください。